趣味の写真とのんきなお喋り
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9


■東京新宿
ここから先は写真ではない、とか
写真ならここまで、とか
自らに線を引き、外部からの浸食と外部への越境を極端に嫌ふのが写真といふジャンルである。
正確には、さういふ線引きを好む(といふより死守する)人々が多いのも写真だらう。
だつて、小説には「トリストラム・シャンディ」も「戦争と平和」も「フィネガンズ・ウェイク」も
「百年の孤独」もぜんぶ入つてゐるんだよ、といふより、どんどん入つて行つたんだよ。
だから小説は生きてゐるのに、
なぜ写真は「写真とアートは異なる」なんて主張するんだらう。
それで寂しくないのかな。
同じカメラを持つて撮影してゐるのにさ。
一部の視野狭窄な頑固者たちよ。

現実にはこんな色をした街は存在しない。
でも、私がこれでいいと思つたんだから、これはこれでいい。
だれからも共感を得られなければ消えればいいだけのことだ。
だが、消える前どころか誕生以前に「現れるな」と芽を摘み道を塞がうとするのは、
筋違ひだよ。


・・・・・・・・・・
Twitter: twitter.com/ttn18Gray
Facebook: facebook.com/18Gray
Instagram: instagram.com/nomi_koichi
Mastodon: mastdn.jp/@18Gray and pawoo.net/@18Gray
Amebro: Ameblo: ameblo.jp/ttn1812
・・・・・・・・・・
開設:07年12月05日
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
これまでの記事
アクセス解析