趣味の写真とのんきなお喋り
[570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562]  [561]  [560

OLYMPUS E-5 with ZUIKO DIGITAL ED 14-35mm F2.0 SWD
Art Filter : Dramatic Tone

撮影日:2010年10月30日
場所:神田駅(JR東日本)北口

私が E-5 を手にしたといふことは、
表現のレンジが拡がつたといふことだ。
諸君、期待してほしい!
(と、大きな口を叩いてみたりして。笑)

オリンパスの最新カメラ、E-5 を試しに、山岸写真塾に参加して来ました。
山岸写真塾とは、山岸伸先生主催のアイドル撮影会のことである。
(なほ山岸先生は、復活!ミニスカポリスのプロデューサーでもある)

といふことで、今日は山岸先生のスタジオで
滝ありさちやん
藍川千佳ちやんの二人を撮つて来ました!

が、写真のブログ掲載はNGなので、
水着写真はナーシ!(爆)
代りに話題のアートフィルター「ドラマチックトーン」で撮つた写真を2枚、
ほぼ無加工のまま掲載します。

「ドラマチックトーン」を使ふと、
駅のキヨスクのすぐそばの天井が、
一体どこの宮殿かといふやうな映像に早変り!

これで夕焼け空を撮つたら、
夜景を撮つたら、
高層ビルの窓に映る雲を撮つたら
どんなに面白いだらうか。
ワクワクさせるアートフィルターだ!
(しかし今日の東京は台風による雨と強風だ)

さて、カメラ本体は
より精度の増したオートフォーカス、
正確さの増したオートホワイトバランス、
高精細な液晶モニターその他、
前機 E-3 の不足を確実に埋め、
私を充分に満足させるものでした。

E-5、いいカメラですよ!
オリンパス史上、最高の製品でせうね。
私はもう、E-3 には戻れませんし、
戻る必要も無いと思ひました。
オリンパスは良いカメラを出し、
私はそれを手にしました。

そこで、今日からしばらくの間、E-5 を毎日持ち歩いてみようと思ひます。
そして、被写体にもよるけれど、10種類のアートフィルター全てで
遊んでみようと思ひます。

これまで、私が使へたアートフィルターはすべて
PEN E-P1 によるものでした。
だから人物写真がほとんどありません。

しかし、本日からメインカメラは
E-5 です。
したがつて、原則的にすべての写真でアートフィルターの適用が
可能になりました。
といふことは、
モデル写真にもアートフィルターが適用されるだらうといふことです。

ふふふ。
だから
諸君、
期待して
待て!
(なんとまあ、偉さうに……。苦笑)






色の濃淡や影のつき方が何となくロシア・アヴァンギャルドつぽくて面白い。

その他の“E-5 ドラマチック写真集”
 ドラマチックツリー
 ドラマチックブリッジ
 ドラマチックキャベツ
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
支配人プロフィール
HN:
18% Gray
性別:
男性
自己紹介:
18% Gray と申します
東京在住の写真好きです

目に映るさまざまなものを
自由に写して
自由に現像して
自由に表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

文字表記は旧仮名。
ちよつと変り者です。

青文字は外部リンク

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
これまでの記事
アクセス解析