趣味の写真とのんきなお喋り
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45

先月20日、閉園間際の光と色です(以下、次回に続く)。

なほ、このエントリはこちらの記事にTBを送信してゐます。

コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
yodaさんから飛んできました。
ときどきおじゃましたいです。
よろしくお願いいたします。
kei URL 2008/03/02(Sun)10:14:46 編集
Re:無題
ようこそお越しくださいました!^^
こちらこそよろしくお願ひします。
何もございませんが、どうぞごゆるりとお過しくださいませ。
(ときどきどころか、どんどん来てください。笑)
【2008/03/03 00:14】
夕昏の感じが
いいですね。光と闇のバランスが絶妙というか。何だかヨーロッパのようなたたずまいです。
きじねこ 2008/03/03(Mon)00:18:01 編集
Re:夕昏の感じが
この光と闇は、見た目に近いんです(近い、はずです)。
実にいい感じでした……(としみじみ)。

この洋館、設計者はお雇外国人ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)でして、かの鹿鳴館を設計し、御茶ノ水ニコライ堂(私のお気に入り)の設計監督をした人なのですね。だもんですから結構、気合入れて撮つてたんです(でもまあ、こんなもんですが)。
【2008/03/03 00:38】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
これまでの記事
アクセス解析