趣味の写真とのんきなお喋り
[385]  [384]  [383]  [382]  [381]  [380]  [379]  [378]  [377]  [376]  [375
忙しくて写真を撮つてゐないので、クイズをひとつ。(^^ゞ

次のことばの共通点はな~んだ?(カタカナ書きとか外来語とかぢやないよ)
ポートレート  ストロボ  トリミング  デジカメ  ストラップ  ホチキス

コメントが二桁台に乗つたので答へを書きますね。(^.^)

解答篇まで間がずいぶん空いてしまひました。ごめんなさい。

さて、上記すべてのカタカナ語に共通する点は何かといふお題でクイズにしたら、なんと正解コメントが来ました。

正解は、イナさーん!!(^○^)(^○^)(^○^)
おめでたうございます!!

はい、実はすべて商標です。

もちろん、それが商標であらうがなからうが、そんなことは新商品開発に携はつてゐるのでない限り、一般の消費者にはどうでもいいことなので(と言ひ切るのは少し乱暴か)、たとへば一眼レフカメラの上に乗せるものが、ストロボでもスピードライトでもエレクトロニック・フラッシュでも、何でもいいわけです。中にはメーカーの呼称にどうしても合せたいといふ向きもゐるやうですが、それはその人が拘つてゐればいいことです。少なくとも私にとつてはどうでもいい。

ところが、つい先日、某写真ブログで(といつても通りすがりに見かけただけ)、「ストロボ」なる呼称は商標だから、あれは「フラッシュ」といふべきだ(原文では「といふべき。」となつてゐましたね。いけませんねえ、現代口語文で係り結びをやる気ですか?)といふ御意見を目にして、私は目を白黒させたのですね。そして、めらめらとイヂワルの炎が燃え上がつてきたのです。私、かういふファンダメンタリストを見るとからかひたくなつてしまふんです。

そこで、わが国特許庁の特許電子図書館および米国特許商標庁(United States Patent and Trademark Office)検索システム(TESS)で「ストロボ」を調べてみました。そこで、意外な(といつても重箱の隅をつつくやうなどうでもいい話なのだけれども)事実を発見したので、このブログでそれを話題にしようとしたのです。

が、ついでに他の語句を面白半分に検索してみたら、さてどうなるかと思つてやつてみたら、意外や意外(意外さの程度はこちらの方が上だつた)、写真の用語として日頃親しんでゐる言葉の多くが、他のジャンルの商品の商標だつたりしたのです。

さて、話の順序として、「ストロボ」にまつはる意外な事実から記しませう。

現代日本で写真カメラ用語としての「ストロボ」は商標登録されてゐません。特許庁の電子図書館で検索すると(特許電子図書館で、「商標検索」→「4.呼称検索」で検索ページに入れます。が、実に使ひにくい。利用者の利便性を少しも考慮してゐません。彼ら特許庁は納税者を敵に回す気でせうか?)、商標としての「ストロボ」は、帝人ファイバーとメークアップ・アート・コスメティックス・インコーポレーテッドが登録してゐますが、前者は洋服・コート・セーター類に関る何かの商標ですし、後者は石鹸や化粧品類につけられた商標のやうです(それ以上詳しい検索はしてゐない。あとは君に任せた)。

そこで、米国。ここ(TESS)で「strobo」を検索しても写真関係の商標は出てきませんが、しかし「strob」で検索すると、「STROBO RESEARCH CORPORATION」なる会社の商標として登録されてゐたことが分ります。登録は、されて「ゐた」であつて、現在では失効(DEAD)してゐます。が、これがまぎれもない、ストロボ(strob)が商標であつたことの名残です(なほ「strobophoto」といふ、いかにもいかにもな呼称が米国でも商標登録されてゐるのですが、これ、何と、日本の会社に権利があるのです。面白いのでこちらをごらんください)。

しかし「STROBO RESEARCH CORPORATION」は、現在は存在しないやうです。なんでもストロボ・リサーチ社は「Graflex, Inc.」に吸収合併だか買収だかされてしまつたんださうで、その上、この「グラフレックス」といふ大判カメラの製造を行なつてゐた会社も、今では消滅してしまつたさうです(そして、グラフレックス型大判カメラの製造は日本の企業<トヨ・ビューのサカイマシンツール社>が行なつてゐたさうです)。このあたりは主にこちらを参照しました。

いづれにせよ、日米共に撮影機材としての「ストロボ」は、今は商標登録はされてゐません。ですので、その気になれば自社の、あの光る撮影機材に「ストロボ」の商標をつけることは可能……ではないでせう。もはや「ストロボ」は一般名詞と考へるのが正しく、トマトに「トマト」といふ商標がつけられないのと同様に、ストロボに「ストロボ」といふ商標を改めてつけることは出来ないでせうね。そこで、各社、スピードライトやエレクトロニック・フラッシュなどの呼称を工夫してゐる……のぢやなからうか。私はさう考へたわけです。深い根拠があるわけではないけれど。

とまあ、どうでもいいやうな話を長々としてきましたが、どうでもいいついでに、他のカタカナ語がどこの企業のどのやうな分野の商標になつてゐるのか、抜粋式に載せてみませう。

ポートレート:
■サントリーホールディングス株式会社が「酒類」で。
なんのお酒なんでせうね。アルコールが完全にだめな私は知りもしませんし、想像もつきません。グラスを傾けてゐる横顔がサマになる、そんなお酒(て、どんな酒だ?)なのでせうか?
■株式会社丸石サイクルが「消防艇,ロケット,消防車,自動車用シガーライター」で。
酒の名にポートレートといふのも想像が難しいのに、自動車用シガーライターでポートレートといふのは、もう私にはわかりません。いや、もしかしたら、ポートレートといふ名の消防艇があるのかも知れませんが、それはそれで格好いいやうに思ひます。
■キヤノン株式会社が「配電用又は制御用の機械器具」(その他)で。
ちよつとびつくりしました。キヤノンがポートレートを商標としてゐるといふことは、女の子の(いや老若男女を問はず人物の)写真を撮る時は、オリンパスではだめで、EOSに買ひ替へなければならないのかと、私は数秒間心配しました。が、どうも商品の区分が私の日常とはあまり縁のないもののやうで、ほつと胸を撫で下ろしました。

トリミング:
■キヤノン株式会社が「理化学機械器具」(その他)で。
これもまた写真用品関連ではないやうです。が、キヤノンが商標化したところが、もしかしたらポイントかもしれません。ほら、何となく、写真用語を写真とは関連のない分野に使つてゐるやうな、そんな気がしません?(でも、この想像はハヅレでせうね、うん)

デジカメ:
■三洋電機株式会社が「図形読取り用電子計算機及びその周辺装置、その他本類に属する商品」で。
この「図形読取り」なんちやらといふやつ、何だか訳の分らない業務用機器のやうに思はれてしまふかもしれませんが、実はこれこそデジタルカメラのことなのですね。いはゆるデジカメ、デジタルカメラの略称は、実は三洋電機の商標だつたのです(これ、案外有名な話では?)。ですので、たとへば「動画デジカメ」や「デジカメムービー」も同じく三洋電機の商標だつたりします。それでも三洋電機と縁のなささうなところであちこちデジカメのカタカナを見かけるのは、ひとへに三洋電機が寛大だからです。その三洋電機のデジカメはXactiシリーズ。以前は確かOEM供給を含めて生産全国ナンバーワン企業だつたはずですが、そこはそれ、栄枯盛衰の世の中。

ストラップ:
■パイオニア株式会社が「配電用又は制御用の機械器具,電池,電気磁気測定器」(その他)で。
むかしLPレコードを聴いてゐたころ、プレイヤーがパイオニアでした。でも、それとは関係ないやうですし、一体何の商品なのでせうね。想像しようにも、電池でストラップでは、首を傾げるしかありません。
■カバヤ食品株式会社が「菓子及びパン」で。
どうやら、こちらは食べられるストラップのやうです(食へない菓子といふことは流石にないでせう)。食つちやつてなくなつて、それでカメラ落としたらどうするの。とは余計な心配。でも、この「ストラップ」と「菓子及びパン」といふのが、いちばん意外な組合せでした。

ホチキス(ホッチキス):
■マックス株式会社が「おしゃぶり,氷まくら,三角きん,支持包帯,手術用キャットガット,吸い飲み,スポイト,乳首,氷のう,氷のうつり,ほ乳用具,魔法ほ乳器,綿棒,指サック,避妊用具,人工鼓膜用材料,補綴充てん用材料(歯科用のものを除く。),業務用美容マッサージ器,医療用機械器具,しびん,病人用便器,耳かき」で。
マックスつて、文字通りのホチキスを作つてゐる会社です。何かで読んだのですが、文房具としてのホチキスは商標としてはすでに無効になつてゐて、文房具とは関係のない何かにホチキス(ホッチキス)の商標がつけられてゐるのださうですが、検索してその結果を見て、私は唖然としました。ホッチキスといふ名の「おしゃぶり」(くちびる鋏んぢやひさうだ)や「三角きん」(骨折を鉄針で綴じるのかな?)や「しびん」(決定的に痛くないか?!)や「耳かき」(???)や「乳首」(!!!)があるのでせうか? 何が何だか、皆目見当もつきません。

附記。
ところで、一般に英語で「フラッシュライト(flashlight)」といへば、写真関連ではない、別のものを指します。これはグーグルの画像検索で確認してみると、なるほどと一発で納得します。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
これまでの記事
アクセス解析