趣味の写真とのんきなお喋り
[377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367































つづく。
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます。
T-T.Nさんの写真にしては目がちかちかします~~(^_^;)
やはりアキバということで?
そういえばアキバには相当長い年月いっていない・・・
30年はかるい・・・うわうわうわー

最後の終電まぎわそうな駅?の写真のノイジーっぷりが好きです。

シャルル・デュトワじゃないけど「シェエラザード」持ってますが・・・
大好きな曲です!!
クラシックの世界にまた戻ることがあれば吹いてみたい曲のひとつです♪
第1と第3楽章が特に好き~~
イナ URL 2009/11/01(Sun)10:12:30 編集
Re:無題
こんばんは。^^
ハイ。アートフィルターの「ポップアート」の彩度&コントラスト割増版でございます。チカチカは狙ひました。
もう少し根気よく歩いてゐたら、赤いものをもつと写して、
「アキバは赤いなアイウエオ」のやうなタイトルでまとめてゐましたね、きつと。

あ、でも、最後の写真は真昼間なんですよ。^^

「シェエラザード」もちろん好きです。デュトワのほかに、カラヤンとコンドラシンとミュンフンがあります!
この中ではミュンフン盤のリピート率が高いです。

といふことで、31年目(笑)のアキバ遠征をお待ちしてをります。
【2009/11/01 23:32】
モノクロと原色
原色が強いとおもちゃのように感じるのはなぜでしょう?
カラーの夢を見るかどうかというのがあったように思います。
ふつうはモノクロの夢を見るが中にはカラーの夢を見る人も
いるとかいうような・・・
記憶の容量を減らすために、脳内にはモノクロで保存していた
りして(笑)それでモノクロをみると現実として感じるとか・・・そんなわけないか(笑)
きじねこ 2009/11/01(Sun)23:19:39 編集
Re:モノクロと原色
原色が強いと、やはり陰翳が弱まつて、のつぺりして感じられるからではないか、と思ふのですが、いかがでせう?
私の夢は総天然色な気がするのですが……。
【2009/11/01 23:34】
無題
実は2枚目のべっとりした感じ、好きなんです(^^;)。
モノクロに始まり、モノクロで終わる・・・なにか意味があるのかな~?
ワクワクします(^^;)。
のりまき URL 2009/11/01(Sun)23:29:22 編集
Re:無題
こんばんは。^^
このベツトリ感は、ポップアートの彩度を高めたらむにゆむにゆむにゆむにゆと湧きあがつてきたものです。
面白いですよね。

初めと終りのモノクロは、深い意味はないのですが、「枠作り」といふことです。
あと、街灯のフードのひだまで再現するくらゐの明瞭なコントラストとシャープネスを施した1枚目と、そんな明瞭さなんかおかまひなしの荒れた粒子の飛び交ふ「ラフモノクローム」とを比較していただければと思ひます。
要は現像処理で遊んでゐたのですね。(^^ゞ
【2009/11/01 23:58】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
これまでの記事
アクセス解析