趣味の写真とのんきなお喋り
[342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332
01




02




03




04




05




06




07

8月下旬は御茶ノ水橋を一週間続けて撮つてゐました。

その際、自らに課した条件は、
・カメラは μ830 のみとする。
・出勤時、地下鉄東京メトロ丸の内線御茶ノ水駅の地上出口を出てから、JR東日本御茶ノ水駅御茶ノ水橋口までの間に限定して撮る。
・なるべく立ち止まらない。
・なるべく1アングル1ショットにする。
・なるべく前日のとは異なるアングルと構図を試みる。
・撮影時間は長くても5分間を限度とする。
といふものでした。
(なほ、PC上の仕上げの段階では、なるべく全ての写真を異なる調子で仕上げるといふ課題を課しました)

この夏は、なにしろ長い日だと、通算で11時間半も立ちつぱなしの業務であつたため、写真を撮りたくても撮る時間が取れず、いらいらが溜まつてゐたのです。

そこで、溜まつた鬱憤のせめてもの捌け口にと、毎朝の「聖橋撮影」「御茶ノ水橋撮影」をわが身に課して「撮りたい!」といふ気持ちをなだめてゐたのです(どうでもいいことですが、私は「写欲」なる言葉が苦手です)。

その前の週の聖橋撮影でも、この撮影でも感じたのですが、同じ被写体を、あるいは撮影場所を同じくして、しかし毎日趣向を変へて撮影をするといふのは、結構頭を使ふのですね。私の場合はほんの数分間でしたが、しかし、この数分間はかなりの緊張を自分に強いるものでした。そして、私はこの緊張感を心地良いものと感じてゐたのです。それも、かなり。

Exif をご覧になればお分りの通り、ほとんどの写真がだいたい同じ時間に写されてゐます(まあ、だいたいが朝の出勤時ですからね)。毎日同じ時刻に同じモノを違ふ趣向で(異なるアングルで、異なる構図で、異なる焦点距離で、異なる露出で)撮るのは、実はかなり有効な写真撮影のトレーニング法なのではないかと、あとになつてから気づいた次第です。
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
短い夏でしたけどT-T.Nさんには長い夏お疲れさまでした!!
あー受験の夏を思い出す・・・・・

11時間も仕事となるとヨレヨレになるし写真を撮る時間もないですよね。
残りの13時間で寝て食べて移動して・・・とかあるし(@_@;)

前に書いてある露出や今日のトレーニング法はなるほど!ですね。
たまにはじっくりカメラと向き合って練習すないといけないと思います。
特に露出は私もすごく気になります!!
まだまだとんちんかんですけど・・・・(^_^;)
イナ URL 2009/09/03(Thu)21:11:37 編集
Re:無題
こんばんは。
いやあ、ヨレヨレでした(笑)。裏の事情はあまり書くわけにはゆきませんが、しかし、「人の代り」が2件も入るとは思ひませんでした。疲れましたです、はい。

定点観測とはちよつと違ふ、バリエーション作り。
やつてみると面白いですよ!
露出の勉強にもいいと思ひますよ~~! イナさんもお試しあれ。
【2009/09/04 03:06】
無題
うう…そのストイックな精神…
見習いたいと思います…。
それにしても11時間半立ちっぱなしとは…。(@@;)
お疲れさまでした!
asdpc URL 2009/09/05(Sat)13:45:07 編集
Re:無題
こんばんは。
一応休憩はあります。でも、さすがに疲れました。

いやああ、ストイックといふかなんといふか。
朝ですから、ただ単に時間がとれなかつただけだつたりして。(^_^;)

でも、かうでもしないと、写真、なかなかうまくなりません(汗)。
【2009/09/06 01:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
Twitter
これまでの記事
アクセス解析