趣味の写真とのんきなお喋り
[290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280







土曜11日に聖橋周辺を散歩して撮つた写真。橋の下の歩道から橋へと上がる。

御茶ノ水は坂と階段の街だ。駅の西にある御茶ノ水橋と、東にある聖橋とは同じくらゐの高さなのに、御茶ノ水橋から東に折れて湯島聖堂へとのびる道は、下り坂となつて聖橋の下をくぐることになる。
さうした地形は歩いてめぐるには面白いが、しかし、御茶ノ水は大学病院の街でもある。狭いJRの駅にはエスカレーターとエレベーターが(法の制約で)設置できないこともあり、この橋を迂回する人は多いと聞く。

E-1 や E-300 などのオールド・フォーサーズ・カメラには手ぶれ補正機能がない。この機能に関してはオリンパスは他社に出遅れたと言つてよい。さらに高ISO感度撮影時に発生するノイズの抑制と低下する画質の改善策は、これもまた他社の後塵を拝した。
つまり、オールド・フォーサーズは夜間撮影に弱い。手ぶれ補正機能付レンズが求められるゆゑんである。
(つづく)
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あぁ・・・・穏やかで良い写真が続きますね。
春は落ち葉の多い季節でもありますね。
我家にも一杯飛んできます。
rikiji URL 2009/04/17(Fri)05:02:01 編集
Re:無題
有難うございます。^^
うちにも落ち葉、入り込んで来ます。掃除が……(笑)。

日本人にとつては秋の紅葉は「花」なのですね。春の花、夏の花、秋の花……の中に紅葉を位置づければ、もみぢは花として観賞されてゐるわけです。

だもんだから春の落ち葉は邪魔者扱ひ……(笑)。
【2009/04/18 03:33】
無題
夕日は写ってないけど、その色が感じられる。
そんな写真ですね。
うーん、なかなかストイック。^^
casta6c URL 2009/04/17(Fri)14:14:40 編集
Re:無題
いいところに気づかれましたね。^^
(ふふふのふ♪)

撮つた本人の日頃の行なひとは違つて、せめて写真だけは「あれもこれも」といふ発想を切らねばならぬと思つてゐます。
【2009/04/18 03:42】
やはり・・・
写真は光と影なんだなぁ~
僕も意識して撮ってみます^^
「オールド・フォーサーズ」って響きがなんかいいですね。
なのたんぱぱ URL 2009/04/17(Fri)22:15:35 編集
Re:やはり・・・
有難うございます。^^
とはいへ私も、光と影に何としてでも意識を向けようと努力し出した、といふところですけれどね。

自分でも書いてゐるうちに「オールド・フォーサーズ」といふ言ひ方が気に入つて来ました。
何となく、まだ充分に現役でも通用する実力を秘めた退役のやうな、そんな感じです。
【2009/04/18 03:44】
金属製の棒に
反射する太陽の光が地面の影を切り裂いていますね。おお~。
3枚目の写真、いいですね~すごく奥行きが感じられる素敵な写真ですね。
きじねこ 2009/04/17(Fri)22:29:26 編集
Re:金属製の棒に
有難うございます。^^
1枚目、階段の金属製の手すりなんです。たぶんどこにでもあるやうなやつです。^^
でも、いい感じで光がのびてました。いい時間帯に歩いてゐたなあと自分でも感心したくらゐです。
【2009/04/18 03:47】
こんばんは
聖橋!
先月、そちらに滞在したときに行きました。
お昼に行ったのですが夕刻のほうが雰囲気がありますね。
また行ってみようかと思います(^^
toka URL 2009/04/17(Fri)22:57:10 編集
Re:こんばんは
ご訪問、有難うございます。^^
橋の色やら材質やら形による影やらが、昼間の光よりも夕刻の光に向いてゐるのかなと思ひます。
何しろ川から見上げることを想定してのデザインださうですから。

でも、今は川を行くこと自体、むづかしいんですよね~。
【2009/04/18 03:50】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
Twitter
これまでの記事
アクセス解析