趣味の写真とのんきなお喋り
[289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279







土曜11日に聖橋周辺を散歩して撮つた写真。湯島聖堂を出て、聖橋下の歩道にて。

聖橋は曲線を活かした美しいフォルムを持つてゐる。その形の美しさは、残念なことに神田川から見上げた時にもつとも際立つと云ふ。
川の航行が不可能なわけではないのだが、しかし現実問題としてその機会はほぼ無い。
日の沈む頃、聖橋はライトアップされる。だが、この日の撮影行は日の沈む前に終つた。

オリンパス E-1 はフォーサーズ・デジタル一眼レフカメラの初号機である。
画素数はたつたの500万。発売の時期を考へても(2003年10月)、その数字は控へめなものであつた。
しかし、その独特の「色」は今日でも全く魅力を失つてゐない。むしろ、孤高の存在として、独自の位置をいまだに保つてゐるくらゐだ。仕様表の数字の大小に一喜一憂する人たちからはもう見向きもされなくなつたやうだが、しかし、けふはどんな色で写真を撮らうかと、自分の目で世界を見ようとする人たちは、今でも E-1 を支持し、そして信頼を寄せてゐる。
むろん、私も。
(つづく)
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
素晴しいトーンです。
rikiji URL 2009/04/15(Wed)04:08:21 編集
Re:無題
有難うございます。^^
これを(1枚目)、一発で決めました。
【2009/04/17 02:16】
何となく
さだまさしの歌を思い出してしまいました(笑)。
14-150は、丁度、私も購入を考えていたところでした。
T-T.Nさんの写真を見て、ますます欲しくなってしまいました。
painai URL 2009/04/15(Wed)08:37:10 編集
Re:何となく
私はあんまりさだまさしには親しんでゐないので、
あとから、ああさういへばここは確か、と
思ひ出すクチです。

では、14-150mm、おひとつお買上げといふことで。^^
【2009/04/17 02:17】
無題
自分は関西人なんでお江戸には疎くって、聖橋は川の上の部分しか印象になかったんですけど、歩道の方もアーチになってるんですね。
いつだったか夜にお茶の水の橋からライトアップされた聖橋を見たことがあります。
アーチが川面に写り込んでて綺麗でした。
MASAGENYA URL 2009/04/15(Wed)10:42:40 編集
Re:無題
聖橋のライトアップ、綺麗ですよ~。^^
その姿をほとんど毎日見てゐますが、やはり綺麗ですね。
ただ西側(御茶ノ水橋方面)から見ると、
ライトアップされた聖橋の向ふが秋葉原の電飾なんです。これが、ね~(笑)、興醒めで。
【2009/04/17 02:20】
キヤノンファンも・・・
初代1Dsの色を見直してたりします。
だんだんデジカメって変わってきてるんでしょうか???
ぼくもいつかこの世代のデジイチを購入してみようかと思ってます。
なのたんぱぱ URL 2009/04/15(Wed)19:38:01 編集
Re:キヤノンファンも・・・
購買者がだんだんと増えていますから、
だんだんと中庸に落ち着く、といふことはあるのかも知れません。
「史上初の」とか「市場初の」とか「当社初の」といつた商品の方が
トンガツテゐる傾向はあると思ひます。

でも、デジ一の中古つて、あたりはづれが大きいのが難点ですね(苦笑)。
【2009/04/17 02:22】
日の光が
なんというか絶妙ですね。見ていると何だかいい気分になれます。
きじねこ 2009/04/15(Wed)20:32:35 編集
Re:日の光が
これは肉眼で見てゐても気持ちよかつたんです。
それが再現できるか、と少々意気込んだところがあります。^^
【2009/04/17 02:23】
無題
『色』って好みが千差万別ぢゃないですかぁ。
その上で自分の『色』って出したいぢゃないですかぁ。
でも(僕の場合)全然その『自分色』って出せないと言うか、
何が自分の色なのか分からないぢゃないですかぁ。
で、いつもどうしたら良いのか分からなくて
『ま、いっか!』って終わっちゃってます(^^;)。

だからいつまで経っても『自分の色』が出せません( ´0`)ふ~。
のりまき URL 2009/04/15(Wed)22:59:32 編集
Re:無題
長~~いマヂレスしようかと思つたのだけれど、でも、もうのりまきさんの中できつと答は用意されてゐるでせうから、私からは毒にも薬にもならない一言を。

   試行錯誤しかないツすよ!(^o^)

で、もう始めてゐるんでしよ?(^_-)☆
【2009/04/17 02:26】
無題
独特の色・・・・・・
いいですね~、色を追い続ける?私としては
のぞいてみたいです。
ま、生意気ですがぁぁぁ・・・・
オリンパスユーザーは近い人の中にはいないので
ちょっと興味があります。

聖橋、ライトアップのころも見てみたいですね~
美しいフォルム、最近ではすべて幾何学的で
冷たい建造物が多いですね・・・
イナ URL 2009/04/15(Wed)23:41:43 編集
Re:無題
建造物は、モダニスムに趣味嗜好が偏つてゐるので、機能一点張りの無機質なもんの方が好きなんです。
でも、聖橋はほぼ毎日見てゐるので、親近感を抱いてゐるんですよ~♪

ライトアップに言及したコメントは、このエントリ内だけでももう2件目ですね。といふことは、「見たい」人は他にもゐるといふことかな~?
では、あと1人ゐたら、マヂで撮つて来ます。
【2009/04/17 02:30】
無題
デジタルも2000万画素を越し、これからは画素数よりも
諧調、色合いなど本来のカメラ性能に目が向いていくと思われます。
一般的なデジカメの比較尺度として、画素数は比較しやすい点で開発が進んできたと思われます。

私は先日、娘のローライで撮影しましたが、それはそれで、緊張感もあり
デジタルとは違う撮影の面白さを久々に味わいました^^
デジタルはやはり便利だな~^^
イザワ URL 2009/04/16(Thu)11:39:43 編集
Re:無題
業務用途のデジタルカメラなら、何億画素まで進化しようが、それはもうメーカーの勝手でよいと思つてゐます。画像1枚のファイルがやたら重くなつても、きつと、技術が解消してくれるでせう(PC業界だつて連携して進化・開発するでせうから)。未来は明るいぞ、うん!(笑)

でも、アマチュアである私は画素数(も大事なんだけれどそれ)よりも色合ひ(画質)を重視したいですね。
たまたま私がブルーが好きで、そしてオリンパス(with Kodak)のブルーが鮮やかだつたため、E-1 の色は私には今でもスタンダードなんです。
やつぱ、いいわあ、オリンパス、……なのです(ちよつと古いですね、笑)。
【2009/04/17 04:50】
無題
大変ご無沙汰いたしております。
 覚えていて下さってますか(^^;)

ワタクシのブログが無更新のときもコメント頂きまして、本当に有難うございました。

 これからもご活躍をお祈りいたしております!
uh_cafe_lu URL 2009/04/16(Thu)17:38:09 編集
Re:無題
覚えてをりますとも。(^o^)
本当に、お久しぶりです!
お元気でしたか?

私はこれからも大活躍しますので(笑)、どうぞまた遊びに来てください!!
【2009/04/17 04:51】
無題
私の愛機も控えめな600万画素です。
自分の目で世界を見ようとする人たちにとって
私のカメラは、誰も振り向いてくれないカメラだと思います。
でも、我慢して使い続けます。
くそぉー、小遣いさえまともにくれれば・・・・・
fyha URL 2009/04/16(Thu)23:05:01 編集
Re:無題
手短に、真面目に。

振向いてほしいのは、カメラにですか、それとも作品にですか? (^.^)
【2009/04/17 04:51】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
Twitter
これまでの記事
アクセス解析