趣味の写真とのんきなお喋り
[288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281]  [280]  [279]  [278







土曜11日の湯島聖堂散歩、その三回目。
門のひとつが漆を塗替へたばかりで下を通ることが出来ない。そのため、すぐに見物が終つてしまつた。
外の通りに出れば、進む先は聖橋。よつて明日からは聖橋の写真になる。

ライカ D 14-150mm は手ぶれ補正機能が内蔵されたレンズである。
だから、たとへば E-1 や E-300 のやうな、手ぶれ補正機能を持たないオールド・フォーサーズ・ボディに装着すると、約三段分の手ぶれ補正が効くやうになる。
私がこのレンズを買つたのは、実は E-1 に装着するためであつた。
(つづく)
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ステキで素直な切取りですね。
俺だと変な風に切りそうです。
感じるものがあります。感謝!
rikiji URL 2009/04/14(Tue)04:54:30 編集
Re:無題
こんばんは。有難うございます。^^
この(2、3枚目の)道に面した石塀はちよつと神経を遣ひました(ちよつとネ)。
さて、rikijiさんは何を感じられたのでせうか。興味津々。^^
【2009/04/15 01:25】
無題
レンズの味など小生にはわかりませんが
途方もなくいいレンズのようですね。
手振れ補正のおかげで、三脚の出番が少なくなったと聞きます。
私には、買えそうにありませんが・・・・・
hanagasukii URL 2009/04/14(Tue)09:18:38 編集
Re:無題
こんばんは。有難うございます。^^
高価ではありますが(そして結構良く写りますが)、途方もなく良いわけではないんです。
だいいちF値が暗いですもん。
千鳥ヶ淵の桜やみゆきちやんを撮つたレンズこそが、途方もなく高い……、いいレンズです。^^

三脚は構図決定に必須なので、手ぶれ補正の普及その他とは関係ないですよ。
今回のやうなスナップ風の写真だと確かに三脚は邪魔ですが。
【2009/04/15 01:29】
無題
お江戸の風景も昔があちこちに残されてるんですね。
都会のイメージとのギャップを感じます。
聖橋ってあのアーチみたいなとこですよね。お茶の水から見たことあります。
自分は未だにMFのみのレンズも愛用してますが、手ぶれ補正はそりゃ使えた方がいいに決まってますよね。
MASAGENYA URL 2009/04/14(Tue)16:13:56 編集
Re:無題
こんばんは。有難うございます。^^
最近は手ぶれ補正サマサマです。全てのカメラに標準搭載してほしいですね!
(ですから新発売のE-620が欲しくてなりません♪)

聖橋のアーチはきれいです。ほとんど毎日見てゐるんですが、やつぱりきれいです。
夜間はライトアップされて、これまたきれいです。
御茶ノ水駅のホームから見るといちばんきれいなのですが、結構お客さんがゐるので、撮影は少々ためらはれます。
(でも、ちかぢかまた狙ひますが)
ただ、駅の西側からこの橋を撮ると、隣の秋葉原のネオンがどかどかと邪魔をするんですよ。これを何とかしないとな、といふところです。^^
【2009/04/15 01:34】
無題
こんにちは(^^)
あの日、湯島聖堂の・・・♪
あの歌の舞台はここだったのですね(^^)
ファンとしては行ってみたいな~と思うのでした^^;
2009/04/14(Tue)18:44:34 編集
Re:無題
こんばんは。有難うございます。^^
ハイ、あの歌の舞台です。快速電車の赤い色と各駅停車の檸檬色とが聖橋の下で交差します(駅のホームは橋の下にあります)。
その聖橋から白い石の階段を降りると、これらの写真の場所になります。
私の勤務先の最寄駅です(JR東日本、御茶ノ水駅)。

なほ、御茶ノ水駅の裏には「レモン画翠」といふ名の画材店があつて(老舗)、その正面には丸善(これも老舗)があります。
梶井基次郎を知つてゐる人はみなさん笑ひます。^^
【2009/04/15 02:00】
無題
こんばんは!
湯島聖堂って調べたら、御茶ノ水にあるんですね?

まだつづきがるようで・・(^^)
T-T.Nさんの切り取り、期待してますp(^-^)q
えるどら URL 2009/04/14(Tue)22:10:51 編集
Re:無題
こんばんは。有難うございます。^^
はい、御茶ノ水です。駅を出てすぐです。神田川をはさんで駅の向ひです。
勤務先から近すぎて、かへつてあまり訪れません(笑)。

この「土曜の夕方散歩」まだまだまだ続きます。少々しつこいですが、よろしくお付合ひくださいませ~♪
【2009/04/15 02:09】
石の手触り
が感じられる写真ですね。手に付く砂までリアルに想像できる気がします。
きじねこ 2009/04/14(Tue)23:09:17 編集
Re:石の手触り
こんばんは。有難うございます。^^
よく写真雑誌等に出てくる言葉に「質感」といふのがありますが、2枚目は特にこの質感を意識しました。
実際、ざれざらごつごつしてゐるので、その感じを真正面から捉へてやらうとしました。光も夕暮れの斜光線でしたし、これを活かせないかと、ちと考へて。
うまくいつたやうですね。(^.^)
【2009/04/15 02:11】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
これまでの記事
アクセス解析