趣味の写真とのんきなお喋り
[267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257

三月七日の土曜日は、少し早起きしてお出かけして来ました。起床時刻は午前六時半。そんなに早起きでもないかな。



でも、帰宅時刻が遅く、寝たのが三時前だつたので、遅寝早起きの睡眠不足はいかんともし難し。よつて、錦糸町駅から乗換へる快速電車では、ちよつと贅沢をしてグリーン車を使ふことにしました。土曜だし下り方向だし、がらがらです。
行き先は(写真の中、見えますか?)千葉県の稲毛です。向ふ先は……。



……ここ。千葉市花の美術館です(公式サイトはこちら)。
唐突に植物園などと私らしくないところですが、実はこの日もオリンパス・デジタルカレッジが在つて、私は「お花撮影テクニック講座」(講師:並木隆先生。デジタルフォト誌月例コンテスト審査員)に参加して来たのでした。





それにしてもよく晴れました。前日金曜の土砂降りがうそのやうです(でも、うそぢやなかつたと分るのは芝生に足を踏み入れた時。充分に湿つてゐました)。まるで、オリンパス・ブルーのための青空です。綺麗でせう、この色。




晴れてゐると太陽を撮りたくなります。ですので、ぐんと絞つて光條を画面内に入れようと試みました。ゴーストも入つちやつたけれど、まあ、気にしない。でも、もうちよつと広角の方が良かつたでせうね。




講座の開始は午前十時から(終了は一時)。花の美術館に着いたのは、だいたい九時半くらゐ。オリンパスのスタッフさんたちと稲毛駅前で会つてしまひました。
そして、十時前に並木先生登場。定刻になると、かんたんな挨拶のあと、すぐに講義が始まります。





とはいへ講義は美術館の一室等で行なふのではなく、早速植物園内を歩き出して、実際に咲いてゐる花や木を見ながら行なはれます。かういふ場所ではかう撮る、もしくはかうは撮らないといつたやうなレクチャーが続きます。並木先生の講義はいつも簡にして要を得てゐるので、時間的には短いのです。そこで、講義に引き続いて早速撮影実習に入ります。

なほ、上の写真はこの花の美術館の主らしき猫。人が寄つても逃げません。泰然としてゐます。もちろん今回の撮影実習とは関係ありません。





撮影実習中の様子を撮つて来たわけではないので、私がどんな姿勢で花にカメラを向けてゐるかは、まあ、伏せておくことにしませうか(でも、屋外では相変らず人目も憚らずに匍匐前進をしてゐますよ。笑)。
代りに美術館の展示棟内部の写真です。時刻は、実習が終つて自主的に残つて撮影してゐた時ですから、三時半ごろだつたかな?





だんだんと西日が射してきてこんな風に影模様を作つてゐました。




ステンドグラス。二階の回廊にありました。
この花の美術館の展示棟は同種の施設としては中規模クラスになるのでせうか。生憎この種の施設の一般的な大きさを知らないため、何とも言へませんが、熱帯植物園があり、中庭があり、二階にはギャラリーも屋上庭園も図書室もある。施設としてなかなか充実してゐると思ひました(展示棟入場料は大人二百円)。
ただ残念なことに前庭が噴水施設の工事中でした。花がないだけではなく、工事の柵が周囲を覆つてゐて、見るべきものは何もありません。仕方がないですね。
館の敷地はかなり広い稲毛海浜公園の中にあります。したがつて、すぐそこが海。すぐそこが海だといふことは分つてはゐたのですが、帰りは駅まで真つ直ぐに進みました(バスで。疲れた体に徒歩ではちよつときつい)。施設案内によれば稲毛海浜公園にはヨットハーバーなどもあるやうですから、時間のある時に寄つてみて撮影する、なんていふのも良いかも知れませんね。

さうさう。
花の撮影に行つたのですから、やはり何枚か花の写真を載せませう。次回の講評会には持つて行かない「ボツ写真」ですけれど。





チューリップです。花びらの先端が白くなつてゐる種です。




これもチューリップ。花びら先端のうすめのオレンジ色は、逆光とホワイトバランスのいたづらによるものです。




何の花だつたつけ? 名前は知りません。でも色が良かつたので撮りました。が、本物はもつと濃厚な紅色でした。
全般的に sRGB は AdobeRGB に比べて青だけでなく赤の再現性にも劣るやうです(少なくとも私は sRGB の色は嫌ひです。でも IE は AdobeRGB に対応してゐませんし。FireFox は普及率が低いし。残念です)。





ちよつと逆光で撮りたくなつたので。それだけの写真ですけれど。施設の天井も壁もさらにはゴーストまでも写つちやつてゐますけれど。
そんなこんなで午後四時ごろに退館。





出ようとしたら、出口で「主」に再遭遇。ならば仕方がない、彼(彼女?)を撮つてやらうぢやありませんか。

といふわけで、次回、「主」写真に続く。乞ふご期待。

コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
うひょー!
私もOLYMPUSの発色フアンのひとり
青がキレイですね~
私には出せませんが、>「お花撮影テクニック講座 よいですね~
ちなみに「DOLLちゃん講座」はありませんでしたか?笑
花はなんだろ・・ マーガレット!? ガーベラ!?
ううん、チューリップしかわかりません
OLYMPUSの勉強したいな ・・
kao 2009/03/09(Mon)08:43:31 編集
Re:うひょー!
こんばんは。^^
いいでせう、この色。
この色はどちらかといふと古いオリンパス・デジタル一眼の方が出しやすいはずです。
初号機のE-1が基準で、次のE-300がやりすぎで、3代目のE-500がまたあざやかなブルーを出します。露出がぴたりと合ふか、心もちアンダーの方が色がよくなりますよ。kaoさんのカメラでも出来るはずですので、やつてみてください。^^
でも、doll写真講座は残念ながらないですね……。
フィギュア撮影講座なんてあると面白いと思ふのですが、オリンパスは社風が真面目だから、やらないかなあ。
【2009/03/10 03:20】
無題
こんばんは!!

sRGB と AdobeRGB は、やっぱろ違うものなんでしょうか?
見ればわかりますか??
見た事とか比較した事がないので、わかりません(T-T)
でも再現出来る範囲が広いんですよね・・

グリーン車・・  それも乗った事がないです(≧∇≦)
えるどら URL 2009/03/09(Mon)22:49:04 編集
Re:無題
こんばんは。^^
AdobeRGBで撮影した画像を sRGBに変換すると、モニターで見てゐても、茫然とするくらゐ、歴然とした差が現れます。
画像によつては泣きさうになります。
(これ、RAW撮影が前提です)
プリントする際も、AdobeRGBの方がいい色になります(少なくとも私には)。
どらさんもお試しあれ。

この日は空いてゐたので、別にグリーン車でなくても良かつたのですが、グリーン車だと2階建て車両があるぢやないですか。急にあれに乗つてみたくなつて、それで「衝動的に」グリーン券を購入してゐました。^^
【2009/03/10 03:25】
この主は
うちのミミに瓜二つです。背中の斑点といい、首筋のしましまといい。うちの子よりも面構えが立派だけれど(笑)。稲毛のスポーツセンターには学生時代ソフトボールの試合でよく行きました。周りに大学がなかったので、千葉県社会人リーグというのに加盟していたのでした。
チューリップの赤色と黄色がとても鮮やかですね!
きじねこ 2009/03/09(Mon)23:04:47 編集
Re:この主は
こんばんは。
おお、稲毛にお通ひでしたか。ここ、有名なのかな?
実はチューリップ、肉眼ではこんなに黄色つぽくないんです。もうカメラだとどうしてもこの色になつてしまふんです。
何かを細かく調整すればさうでもないんでせうけれど、私にはこの色のほうが綺麗だつたので、このまんまです。見た目通りではないのですが、ゼンゼン気にしてゐません(笑)。
【2009/03/10 03:28】
無題
ドバーっと出しましたね(笑)
ステキな写真ばかりです。
俺なら一週間は引っ張ります(^_^;)
特に逆光のネコヤナギ?凄いです。
美術館は大好きなので色々行きますよ。
rikiji URL 2009/03/10(Tue)03:54:48 編集
Re:無題
こんばんは。ねこやなぎ(?)写真、いいですか?
有難うございます。(^^)

あと一週間ほどすると、またQKタイムに入りますので、今のうちに出せるもんはドバーつと出しちやはうと思つてゐます。^^
【2009/03/11 01:35】
無題
こんにちは!
最後のネコちゃんの視線にやられましたっ!!

asdpc URL 2009/03/10(Tue)13:48:59 編集
Re:無題
こんばんは。^^
最後の猫ちやんですが、これがまあ、泰然たるもので。
この堂々とした振舞は心から見習はうと思ひましたね。

お忙しいやうですが、おからだ大事にしてくださいね~。^^
【2009/03/11 01:34】
無題
あっ!RARAもここ行きました!
癒しスポットですよね☆
RARAは心が澱んでるからこういう所好きなんです!
RARA URL 2009/03/10(Tue)22:29:26 編集
Re:無題
こんばんは。^^
あ、ここ、有名なんだ。
もう全部都内で済まさうとしてしまふものですから、都外の施設のありがたみが分りません。
(東静岡駅近くの劇場施設が都内のそれを上回るといふことなら知つてゐるんですが)
それにしてもかういふところはいいですよね~♪
【2009/03/11 01:32】
無題
花の色と言い、空の色と良い、ホント綺麗ですね。
・・・ってボツ写真ですって?
これがボツなんですかぁ?
ふへ~。これでボツなのかよ~ (,_'☆\ シツコイ!
僕にはムチャOKな写真なんですけど~。
あ~、写真講座受講しないとダメだなこりゃ・・・(^^;)。
のりまき URL 2009/03/11(Wed)01:00:49 編集
Re:無題
こんばんは。^^
いやああ、ボツでせう。
といふのも先生(並木隆さん)が、このチューリップ2枚に関してどう突つ込んでくるか、予想が立つてしまふんです。
右下の茎葉の部分の処理が甘い……と来るに決つてゐます(笑)。
それで、私はもう今年上半期はこの種の講座には出られないと分つてゐるので、どうせなら良いのを持つて行かうと、まあ、さういふわけです。
それと、実習日当日の写真でなくてもよいといふことなので、近いうちに近所の公園(近所でなくても都内の公園)で撮つたものを、講評用に追加しようと思つてゐます。
それやこれやで、やつぱりボツです、はい。^^
【2009/03/11 01:29】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
これまでの記事
アクセス解析