趣味の写真とのんきなお喋り
[255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245

昨日の日曜日の午後、用があつて秋葉原へ行つて、その帰りに回転打法ならぬ回転撮法(またの名を名古屋撮り!)で遊んで来ました。

今回のエントリではこの回転撮法に関する(ささやかな)考察と、こんなぐるぐる写真の撮り方について皆さまにお伝へすることに致します。

さあ、あなたもぐるぐるイつてみよう!!m9(^∀^)



とはいつても撮り方は到つて簡単で、何のことはない、遅めのシャッタースピードに設定して、カメラをシャッターボタンを押しながら回転させる(もしくは回転させながらシャッターボタンを押す)だけなのです。レタッチなんか一切ナシ!(色に関してはご自由にいぢつてくださいな)

カメラを構へて、ファインダーを覗き、画面内の中心軸からそれないやうにカメラをなめらかに回す。それだけです。

つまり腕と指の慣れの問題です。特殊な技術でも何でもないので、百聞は一見に如かず、いや、案ずるより産むが易し、いや、習ふより慣れろ、だ。とにかくカメラを持つてやつてみませう!(^o^)

とはいへ、ちよつとしたコツを伝授。ま、コツといふか、私の場合のぐるぐるレシピになりますが、それほど特殊でもないので、まづはそれを公開しませう。

上の2枚はシャッタースピードが共に10分の1秒です。これは私の腕と指にはこのくらゐが丁度よいといふだけのことなのですが、初体験(ドキドキ!)の方は、この私の数値からスタートしてみてください。それでその後、自分なりのアレンジを加へてゆけばよいと思ひますよ。

といふわけで、シャッタースピードは10分の1秒にしたとします。でも、シャッタースピード優先撮影ではないんです。露出は「マニュアル」を強~くお奨めします。といふのも、SとかAとかPとかだと、「同じ明るさ=光量で継続して撮る」といふことが案外むづかしいからです。ですので、ここはダマサレタと思つて、マニュアルで行きませう!

とはいへ、最初の1枚だけはシャッタースピード優先にしておいてください。マニュアル露出は2枚目からにしませう。

さて、シャッタースピードを設定したあと、絞り値はどう決めればいいのか。なああに、これもまた簡単です。いや、少々の知識は要るかな。でも取扱説明書の該当ページ数ページ分を読むだけだから、大したことはありません。

まづ、測光方式が多分割測光(とか評価測光とかいふやつ。メーカーによつて呼称が異なるのだ)になつてゐるかどうかを確認してください(分らなければ、ハイ取説!)。中央部重点測光とかスポット測光等はダメで、要するに「画面全体の光をあれこれと計算する測光方式」だけがOKです。もちろんこの種の測光方式はどのデジタル一眼レフにもついてゐます。

そして、この時カメラはちやんと撮りたいものに向けてください。構図・アングル・焦点距離(←ズームレンズ使用の人は)はこの時点で「ある程度以上」は考へておいた方がいいでせう(その方が光に関する情報が正確になる。もちろんあとでいくらでも変更できますよん)。もつとも、この1枚目の写真は日の目を見させません。が、得られた写真のデータは「超」の字がつくほど重要です。ですので、消去だけは絶対にしないでください。また、ここでは回転ワザの必要はまだありません(したければどぞ♪)。

さうして撮つてすぐに液晶に再生します。そして再生された画面の中の情報からF値を探し出します。F値が「4.0」とか「5.6」とかなんとか小数で表示されてゐると思ひますので、その数字を覚えます。

覚えたら、カメラの露出をマニュアル露出にして、最初に決めたシャッタースピード(10分の1秒でしたね)と、今覚えたばかりのF値を入力します(ダイヤルをグリグリすると入力できるカメラがほとんどですが、これは機種によつて差があるので、分らなければ即座に取説を読んでください)。カメラによつてはシャッタースピードはすでに入力されてゐるかもしれません。その時は「手間が省けた」と喜んでおきませう。

さてさて、最初に撮つた写真は、あなたにとつて「明るい写真」ですか、それとも「暗い写真」ですか。いえ感覚的なもので構ひません。あくまで自分にとつて、です。人がどう言はうが自分が「明るい」と思へばそれは「明るい写真」です。あ、ここでの「明暗」はあくまで画面の見た目ですよ。表情(泣き顔)や状況(お葬式)ではありません。

で、その写真が自分にとつて丁度よいのならそのままで、「暗いなあ」と思つたのなら、先ほど入力したF値をダイアルで3クリック分小さくしてください(例。F値5.6を入力してゐるとしたら、ほとんどのカメラで、3クリック分数字を小さくすると、4.0になるはずです)。また「明るすぎるのでは」と思つたら、F値を3クリック分大きくしてみてください(例。5.6なら8.0になるはずです)。

このF値を最初の数字よりもどんどん小さくしてゆけば、撮つた写真は明るくなり、どんどん大きくしてゆけば、撮つた写真は暗くなります。数字の限界は、小の方はレンズの性能に左右されますが(高価高性能なレンズほど小さくなる傾向がある)、大の方はだいたい22か38になつてゐます(そして、面倒なことに、この最大の数値の時を「最小絞り」といひます。Fの数値と絞りの大小は本当は反対なんです。といふのは今はどうでもいいです)。

私は今は便宜上「3クリック分」と書きましたが、なあに、撮るのはあなただ。あなたが何クリックしようが私は一向に構はない。このへんはお好みでどうぞ。

さあ、準備はここまで。ここからは臨機応変、自由自在、ついでに言へば自分勝手にゆきませう!

そこでまた私のぐるぐる写真です。



確かにグルグルですが、先の2枚と何かが違ふ。正直に言つてヨロシクない。

何がヨロシクないかと申しますと、画面の中央に「回転してゐない」と錯覚させる何かが無いからです。よくご覧くださいませ。1枚目のグルグルには「Mebius」の文字が、2枚目のグルグルには「ソフマッ」の文字が中央にあつて、何だかそこだけ回転してゐないやうに見えませんか?

ところがこの3枚目には、中央に目立つものが無いので、何だか写真全体が回転してしまつてゐるやうに見えてしまふ。いや、実際に写真全体が回転してゐるんですけれど、しかしこれではグルグルのグルグルたるいちばん面白い部分がなくなつて、単なるブレ写真と大差なくなつてしまひます。

ですので、画面の中央には「ある程度の大きさを持つた目立つもの」を置きませう。

でもですね。



この写真も面白くない。中央の「Sofmap」ははつきりしてゐるけれども、今度は画面全体が回転してゐるといふ印象が弱い。そこで、もう一度この写真を見ると、どうも画面下の横断歩道と右上のビルがあんまり動いてゐないやうに見えてしまふところが原因のやうだ。何となくさうだ。

といふわけで、画面の四隅には「目立つかたちと色」を置きませう。さうすると、世界全体が大きく動いたやうな感じになつて、結構楽しめる写真が出来上がりますよ。

ただし「実はカメラはそれほどは回さない」といふことは覚えておきませう。いや、ホントに思つてゐる以上に回さないんです。ち・よ・つ・と、なんです。ぐるぐる写真はインパクトがありますので、初めての時は「えい、やー」とやりたくなつてしまふのですが(私もさうでした。その恥かしい実例はこちらです)、「えい、やー」とやると失敗します。何事も過ぎたるはなほ及ばざるが如しです。自重しませう(いや、自重といふやうな問題ではないのですが)。

でも左手は大事ですよ。きちんとレンズを持つた方がいいですよ。そりやあ、持ち方なんか人ぞれぞれだらうけれど、この撮影方法の場合に限つては、がつちりきつちり持つた方がいいに決つてゐます。第一、しつかり持たないと落としちやふかもしれないし。

といつたところで、ここで回転ナシ写真と回転写真とをくらべてみることにしませう。

まづは回転ナシ写真から。



この写真自体に何か価値があるわけではないですよ。あくまでも例ですよ、例。

さて、上の写真の5秒後に撮つたのが下の写真。



黄色い看板の「古本20万冊」が(からうじて)読め、また画面の(上辺をのぞくけど)四隅にはそれ相応に目立つ色とかたちがあるので、どかあああと回転したやうに見えますね。これがベストだと言ふつもりはないのですが、これくらゐやつた方が面白いし、第一応用も効くと思ひます。

では、他の写真を紹介しませう。



群衆の中に白コートのお姉さんを見つけた時は嬉しかつたですな(笑)。そしてお姉さんがグルグル領域に入る直前に野郎どもが途切れたので、かうして写すことが出来ました(野郎どもなんてどうでもいいの)。



横断歩道を渡る3人のお兄ちやんたち目掛けてクルマが猛然と突つ込んで……来ません。実際には停止中でした。



T-T.Nさん、事故現場に遭遇か?! のわけはありません。ご心配なく。そんな風に見えるだけで、2台のクルマは接触さへしてゐません。

といふ具合に結構楽しめる写真が作れますし、応用篇としては、これで人物撮影をしてみて、たとへばこちらの8枚目(最後のやつ)のやうな写真を撮つてみたりすることも出来ます(どこが応用なのかといふと、フラッシュの後幕シンクロと併用したところ)。

要はアイディア次第です。(^o^)

さうさう。オートフォーカスは中央の1点に固定した方が絶対にいいです。でないと、たぶん意味をなさない写真が出来上がつてしまふはずです。また、カメラの回転軸も、その中央のオートフォーカス・エリアに合せるやうにした方がいいでせう。画面の左下隅を中心にして回転させる、なああんてことも、出来る人は出来るんでせうが(私はやつたことがない)。

また、広角か望遠かはお好みでどうぞ。そして、横位置か縦位置かもご自由にどうぞ。私はいづれもやりました。

そこで最後に、ヨコ・タテのぐるぐると焦点距離によるぐるぐるの違ひを比較するための「ただの作例」として計8枚のグルグルを並べてみます(え、しつこい?)。日頃使つてゐるズームレンズには「14、18、25、35」の4つの焦点距離表示がありますので、撮影前に焦点距離をそれらの数字に合せてからグルグルさせた写真です。

画面の中央には目立つものを置けと、先ほど書きましたが、その目立つものは画面内でどの程度の大きさまでいいのか、下のヨコ・グルグルの「Mebius」で比べてみてください。

また、Exifが読める方、それぞれの写真の撮影時刻を見てください。結構、間を詰めて撮つてゐるでせう? 下のタテ・グルグルなど、ほぼ6秒に1枚の割合です。回し方にさへ慣れてしまへばこの撮影方法は誰にでも出来ます。あとはあなたのグルグル次第です。

コツは書いた。さあ、あとは挑戦あるのみ!

レッツ・トライ!!

(え? そんな手間ひま割くほどのものかつて? ごもつとも…………。 orz )



焦点距離 14mm(換算28mm相当。私のカメラはオリンパス=フォーサーズなので、記載された数字を2倍すると35mmフィルムサイズでの焦点距離になります)




焦点距離 18mm



焦点距離 25mm



焦点距離 35mm



焦点距離 14mm



焦点距離 18mm



焦点距離 25mm



焦点距離 35mm


附記1
そんなこんなで秋葉原の夜は深まつていつたのですが、それはともかく、ねえねえねえ、聞いて聞いて聞いて。この最後のぐるぐるを撮つた直後に視度補正アイカップを紛失してしまつたんですよ~。私、強度の近眼なものですから、製品添付のアイカップではなくて、わざわざ近眼用の視度補正アイカップ(別売)を買つて来てつけてゐるんですよ~。なのに、オリンパスのこの視度補正アイカップ、はづれ易いんですよ! バッグに出し入れする時に何かにひつかかるとぽろんと落ちちやふんですよ~。今回もたぶん、さう。もうまぢで凹みましたよ~。何せ今回で2度目ですからね、なくしたの。全く、私にとつてはこの視度補正アイカップは消耗品なのかい! ひとつ2260円もするのにイ(仕方がないのでこのあとヨドバシに行つて3代目を買つて来た。全くもう、ぶつぶつ……)。

附記2
ところで、この撮り方を「名古屋撮り」と呼ぶのは他ならぬ土屋勝義先生なんですけれど、どう検索しても「名古屋撮り」といふ言葉は見つからないんです(汗)。
誰か真相知つてゐる人、いらつしやいます?

附記3
名古屋撮り応用篇は、こちらです。水着写真とぐるぐると(スローシンクロと)を組合せてみました。どうぞご覧下さい。(^.^)
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
これはおもしろそうです!
中心はSHARPです。^^

でも、↓ の方がもっと楽しそうです♪
ichi-some URL 2009/02/23(Mon)10:19:28 編集
Re:無題
こんばんは。
ね、目のつけどころがシャープでしよ?

下の撮影講座、めちやめちや面白いですよ。
でも、一応オリンパスユーザー限定ですよん♪
【2009/02/24 02:55】
無題
名古屋の近所に住んでますが初めて聞きました。
何か馬鹿にされてるようでとても嬉しいです!
名古屋は自虐人が多いから(笑)
rikiji URL 2009/02/23(Mon)18:54:43 編集
Re:無題
こんばんは。^^
貴重なご意見有難うございます!(笑)

私も実は「回転撮法」や「ぐるぐる撮り」よりも、「名古屋撮り」の方がイメージが広がりやすいんですよ。だから由来はどうあれ(そして実際の語の流通程度はどうあれ)、もうこれは「名古屋撮り」にしてしまつて、全国に伝播させようかと(笑)、いやマヂで!

地名つて偉大だ!
【2009/02/24 02:58】
無題
お~!!!
くるくる秋葉原だ~!!
目が回りそうになる(笑)
でも・・・オシャレですね☆
RARA URL 2009/02/23(Mon)21:01:11 編集
Re:無題
こんばんは。^^
綺麗でしよ!
(でも、目、回ります? 私、一向に平気なんですけれど)

今、これと別の回転機能を組合せた小技を開発中です。作例が出来たらまたこんな記事をアップしますね~。
【2009/02/24 03:02】
ためしに
面白いのでためしに私のデジカメでやってみました。うーむ、いつもよりブレが少ない?手ぶれ補正今日はえらいよく機能するなあ(笑)。ためしにもっと近くのパソコンを、ぐるっ、ぱちっ。おお回っている・・と思ったらパソコン画面のT-T.Nさんの写真が回っていたのでした(笑)。
きじねこ 2009/02/23(Mon)21:49:53 編集
Re:ためしに
こんばんは。^^

え?
コンデジで出来ます?

回転方向のブレなんて、メーカーも想定外かも知れませんね。
【2009/02/24 03:04】
無題
名古屋撮り・・・は知らないんですけど、
名古屋打ちは知ってます! って言うかやってました(笑

でも中心だけそうなるのが不思議です。。
やっぱりやってみなきゃわからなそう(≧∇≦)
えるどら URL 2009/02/23(Mon)23:00:01 編集
Re:無題
こんばんは。^^
あ、インベーダーゲーム!!
懐かしい~~~~~!!!!(^O^)

でも、あれもなんで「名古屋」なんでせうかね???
本当に名古屋であの有名なバグが発見されたんでせうかね???
【2009/02/24 03:11】
無題
名古屋巻きなら知ってます!!
ぐるぐる、これはあっかるい都会の夜がいいですね。
んーいなかの夜はさびしい・・・・(-_-)
でもカメラを回すって一回転するってことですか?
手がこんがらがっちゃう気がします。
私、勘違いしてるんだろか???
イナ URL 2009/02/23(Mon)23:09:51 編集
Re:無題
こんばんは。^^
名古屋巻きなら私も知つてゐます!!

名チュラルで
古ージャスで
屋はらかな、巻き髪のことですよね(←これ、一度、用があつて名古屋に行つた時に中京大の学生さんたちから教へてもらつたんで、間違ひないと思ふぞ)

名古屋といへば、聞いて笑つたのがSSKの一角、金城学園の「純金」「18金」「金メッキ」!
をかしかつたなあ(これは愛知淑徳の教授に聞いた話。でも私、学会行つて何話してんだか)。

さてさて、カメラを回すとは言つても、一家移転、もとい一回転させるわけではなくて、角度にしてほんの数度から10度程度の回転をつけるだけでございます。
まるまる回転させたらワケが分らなくなりますがな。(^_^;)

夜景の方がインパクトがありますが、昼間でもOKでございます。お試しあれ!
【2009/02/24 03:22】
なぜ、名古屋撮りなのか?
それは、秘密です〜。
土屋先生に聞いてね。
Kiyo URL 2011/06/07(Tue)03:04:30 編集
Re:世には
詮索せぬ方がよい謎もあります。
【2011/06/07 04:34】
無題
はじめまして。

「名古屋撮り」という名前が付いてると聞きビックリしてやってきました^^

この技は、いつごろから…どんなきっかけでやり始めたのでしょうね^^
カメラマンA 2011/07/20(Wed)20:22:03 編集
Re:無題
初めまして。(^O^)/

名古屋撮り検索の世界ではちよつくら名の知れたブログへようこそ!!
でも、名古屋撮り以外の街写真、女の子写真もどうぞよろしく!!(^O^)/

さてさて。
お問合せの件にはお答の用意が無いのですが(だつて、知らないんだもーん)、でも、カメラを回転させれば面白くなるといふのは、たぶん、100年以上前からすでにあつたと思ひます(当てずつぽう)。

問題は名称でして、この「名古屋撮り」の命名者は、間違ひなく土屋勝義さんです。
しかし、なぜ「名古屋」なのかは、写真界七不思議のひとつです。
土屋さんといへば築地のカメラマンなのにと、ときどき思ふのですがナゾはナゾのまま私たちの前に残されました。

ま、ナゾのままでも一向に構はないんだけれどネ(笑)。
【2011/07/21 00:01】
無題
数十年前に素人の方が見事な名古屋撮り?の写真を撮っていましたが100年も前から…そうですか(笑)

つまり、あの方もオリジナルな技ではなく、真似て名付けただけということでしょうね^^

私も是非チャレンジしてみたいと思います^-^)n
カメラマンA 2011/07/21(Thu)12:45:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
これまでの記事
アクセス解析