趣味の写真とのんきなお喋り
[251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241
「新宿、光と影のための」




























光と影は地球上ならどこにでもあまねく存在するのであつた。新宿においてさへも。

明日の「その3」には人が“ゐる”。乞ふご期待。
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
現実を切り取りによって他の意味のあるものに変える。
それは写真の得意なものでしょうね。
ナイスな心に響く影ばかりですね。
光があるから闇は一層深くなりますね。
rikiji URL 2009/02/20(Fri)05:10:01 編集
Re:無題
この日、とつてもいい天気だつたものですから、影を中心に撮りました。
光があるから闇も深くなるとは、それだけで深いご指摘です。有難うございます。

「写真は引き算」といはれるのも、もともと「切り取る」ことの得意なメディアだからこそでせうね。引くからこそ、残つた部分が際立ち、そして引いた部分への自由な連想が許されて、それが写真を豊かにするのでせう、きつと。
【2009/02/20 08:59】
無題
ンーこれが晴天なのにモノクロで撮っちゃったの編ですね!
最後のパーキングに入る光ってかなり強烈そう!
モノクロでこの明るさですもんね。
やっぱり都会は光と影がくっきりしてるから
晴れてもモノクロでもいいですねぇ。

いなかだと演歌の世界になってしまいます・・・(-_-)
イナ URL 2009/02/21(Sat)00:03:06 編集
Re:無題
こんばんは。演歌だと高彩度な写真の方が似合ふ気がするんですよ、私。
といつても演歌なんて聴かないのでよくは分りませんが。
(あ、さうだ演歌をメタル風にアレンジしたCDが確かあつたはず。あれならばどうだらう?)

最後のパーキング、ちよつとお気に入りです~。(^.^)

新宿の面白いところは、ビル風ならぬビル光があるところですね、高層ビルが互ひに太陽光を反射しあつてゐますから、ビル壁面、道路、その他にさまざまな幾何学模様をつくります。これが綺麗なんですよ~♪
【2009/02/21 02:23】
光と影
光と影のシリーズ良いですね。モノクロだとより引き立つように思えます。
きじねこ 2009/02/22(Sun)21:04:57 編集
Re:光と影
こんばんは。^^
有難うございます。
さうなんです。白さと黒さと、コントラストが明確なので。

次の課題は中間の灰色の表現ですね。
【2009/02/24 02:20】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
Twitter
これまでの記事
アクセス解析