趣味の写真とのんきなお喋り
[226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216









撮影モードはマニュアルにしてゐることがほとんどで、それは、自分にとつてはメリットが多いからといふことにすぎず、ひとそれぞれ自分のやり方を自分なりに磨いてゆけばよいのだと思ふから、マニュアルが絞り優先よりも秀でてゐるとか腕前が上の証拠だなどとは思つてゐません。

両方使へた方が、いざといふとき何かと便利なので、浮気性のままにあれもこれも出来るやうにならうとした結果が、今の撮り方であつて、MASPの間にその場に応じた優先順位はあつても、絶対的な順位優劣なんかはないでせうね。

ただし、方法をひとつしか知らないといふ場合、それは往々にしてある程度までしか知らないといふことであつて、同時にそれは、その方法を突き詰める方法にも実は疎いといふことがしばしばあるやうです。でも、それは避けたいと私は思ひます。

ところで、今回の表参道写真、最後の6枚目の葉つぱと二人の女性通行人写真を除いて、5枚すべてプログラムオートで撮つてゐます。

カメラとレンズを信じきつてゐましたので、モードをPに合せるのに何の躊躇もありませんでした。

やはり楽ですね、このモード。

街中のスナップは、いはばよそ様の家や庭や壁や塀を、ひよいとかすめて撮る行為です。私に言はせれば、その際にもつとも肝心なのが、逃げ足の速さです。問題になる前に、怒られる前に、撮つたらとつとと逃げる。これがいちばん重要。

だからこの日は、プログラムモードを使ひました。
これを撮らう、撮つたらすぐ逃げようといふ自分の欲望をすべてかなへようと思つたら、これはもうPモードしかない。
結果は、良くは分りませんが、間違ひだとするほどの瑕もなかつたやうなので、今はこれでよしとしませう。
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
デジカメエキスパート虎の巻いいですねー!
知りませんでした。
私も何冊か本を買って読んでも、いまひとつわかんないことが多かったんですけど・・・
これはわかりやすいです。
ご紹介ありがとうございます(^^♪

および、Pで撮る、楽に撮れていいですよね♪
私はAかPばっかりで、最近マニュアルで撮る練習をしてます。
いろいろ知っていてAやPを使うのと、知らないで使うのではニュアンスが違いますよね。
モードが的確に選べるようになるように精進したいと思います。
いまいちシャッター速度がわからないんですけど・・・(-_-)
イナ URL 2008/12/19(Fri)19:56:56 編集
Re:無題
こんばんは。お返事が遅れました。m(__)m
この本(といふかWebページ)、いいですよね。(^.^)
さすが監修者と発行元の資本が違ふ(笑。関係ないか)。

その他、今、手に入るかどうかは分らないのですが、阿部秀之さんの「そうだったのか!一眼レフ」(アサヒカメラのムックだか別冊だか)が、非常に分りやすくてためになりました。
入門者には難しからうとて、感覚的なことを優先して、技術的なことを後回しにする書籍が多い中、阿部さんの本は、そこらへんもしつかりと(くどいくらゐに)書いてゐるので理解が進みます。
もし、どこかで(アマゾン他、ネット古書店)買へるのでしたら、ぜひどうぞ。^^
【2008/12/22 00:14】
めがねが
洒落ていますね~東京も裏通りはこんなに落ち着いたたたずまいなのですね。
きじねこ 2008/12/19(Fri)22:37:22 編集
Re:めがねが
こんばんは。お返事遅れておりますです。m(__)m
さうなんです。
表参道ヒルズから5分とは思へないです。

もちろん高級住宅街ですが。
【2008/12/22 00:26】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
Twitter
これまでの記事
アクセス解析