趣味の写真とのんきなお喋り
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215









撮影日は9月の11日。どんどん昔にさかのぼる(笑)。

さてさて、「写真の勉強」をするとします。
するとおほまかに言つて、「見方」の勉強と「撮り方」の勉強のふたつがあると思ひますが、世の指南書は圧倒的に「撮り方」の方が多い。数へたわけぢやないけれど、きつとさうだ。

だつて、日本ではカメラはかんたんに手に入るし、写真は基本的には家族や身近な人との間で楽しむためのものだもの。ブログやネットなんてものが普及したけれど、それでも「世に問ふ」よりは「一緒に楽しむ」といつた心構への人の方が多い気がする。第一、私がさうだ。

だから、「撮り方」の本は次々と出る。その想定読者はプロではなく、一般の人。それはさうだ。数が圧倒的に多いもの。

とはいへ、難しいのが線引きで、一般の人相手の書籍に、どこまで書けばいいのか、そして、どこから書けばいいのか、これは、経験豊富なプロカメラマンでも、案外悩むことなのではないか、と私などは忖度するわけです。

もともと、活字で学ぶのが好きなタチでしたから、写真やカメラについてもいろいろな本を読みました。いちいち数へてはゐないけれど、新書もムックもあれこれ合せると50冊は手にしたでせうね(当然ながらこの中にはソンダクもバルトも入つてゐない。あれは見方の方)。
買つたあとは、もちろん片つ端から読みます。文字通り隅から隅までです。読んで、この人説明下手だなあ、なんて思つてゐるんですから、いい気なものです。

閑話休題。
今回はその中でも、もつともコストパフォーマンスの高い本を紹介したいと思ひます。

何を学ぶにせよ、リファレンスの類ひは手元にあつた方がいい。勘による判断は、先に経験を積んでおかないとその適否が分らない(ことが多い)。だから、活字で確認する。語学や文章の書き方を学んだり教へたりして来た私は、職業的経験と勘から、さう思ひます。

さて、そのリファレンスです。これ、なんと、無料なんです。

Yahoo!のデジカメエキスパート 虎の巻

これ、私、本で買ひました。
さうしたら、いつの間にか、ネットで全文無料で公開されてゐました。
利用しない手はありません。

この本の特筆すべき点は、作例の質の高さ、そして歴史的名作を結構多めに載せてゐるところ(何しろいきなり林忠彦の「太宰治」だ)。
そして、ネットに在るといふこと自体が実は最大の強み。分らないこと、知らない言葉も、その場で(PCのモニター上で一連の連続した動作として)即座に検索することが出来ます。

そして、無料です。途中で挫折しても、損した気にあまりならない。だから、やり直しが気楽に出来る(これつて大きくないですか?)。

とにかく、まづはお試しあれ。
コメントはお気軽にどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お気に入りに登録しました。
俺のように技術も知識もないおじちゃんにはありがたやです。
物へのアプローチってのは変えることは難しく、
今までの培ってきたものが出てしまうのは避けようもないです。
技術はまだ習得できるかな?なんて思ってます。
rikiji URL 2008/12/18(Thu)04:58:00 編集
Re:無題
こんばんは。
自己流ではなくて「自分流」は、自分の根につながるものですから、これを直す、または変へるのはむづかしいでせう。
でも、良いものは変へなくてもいいんですよ。

ただし、上記コメント、rikijiさんが「技術も知識もない」といふところは、添削してお返ししなければなりません。そんなこと、だれも信じませんよ(笑)。
【2008/12/19 02:50】
無題
ファッション雑誌しか買わないボクには耳が痛いお話でした…。(汗)

ボクもブックマークしちゃった!(^^;)
年末年始に勉強し直そう…と。

一枚目の自転車…スキです!!(^^)
asdpc URL 2008/12/18(Thu)15:31:21 編集
Re:無題
こんばんは。
自転車写真へのお言葉、有難うございます。
この日のいちばんのお気に入りなんです。^^
特にどうといふことはないものですが、でも、この構図と色の配分が自分でも気に入つてゐます。

最近、私もファッション系雑誌を買ふやうになりました。
でも、書店でだとはづかしいから(笑)、アマゾンで。
それも古本の、えらく安くなつたやつを(笑)。
【2008/12/19 02:54】
虎の巻
私もお気に入りに登録させていただきました。

表参道の写真、犬の置物が素敵(笑)。
きじねこ 2008/12/18(Thu)23:45:09 編集
Re:虎の巻
こんばんは。^^
いいでせう?
どこのお方のものかは存じませぬが、でも、いい置物でした。

ただ、この写真の撮影状況をご想像くださいませ。
ひとんちの玄関の置物を門扉越しに撮つてゐるんですよ!(爆)

そのあとは脱兎の如し。
【2008/12/19 02:56】
無題
こんばんは!
デジカメの認定の勉強の本でしたね。
私も買って子供にあげましたが、ネットで公開
されていたんですね。
仰るようにポイントがまとまっていて分かりやすいと思いました。
読破するとこのようなお写真が撮れるようになるんですね^^v
イザワ URL 2008/12/19(Fri)00:26:45 編集
Re:無題
こんばんは!
さうです、ヤフーのデジカメエキスパートの教則本といふ位置づけです。
資格自体は、残念ながらフォトマスターに比肩するほどまでの成長は望めないみたいですけれど。

最後のお言葉、有難うございます。ちよつとコソバユイです(笑)。自分、まだまだですから。
(自分で自分の写真に感じる野暮つたさ、垢抜けなさを何とかしなければと、いつも思ひます。汗)
【2008/12/19 02:59】
無題
こんばんは!!
Yahoo!のデジカメエキスパート、1級取りました。。
無料ですから(^^;)
何度もトライできますしね!

表参道かー・・・
高校生の時、2・3度行ったことありますが、
どんな場所さえ覚えていません(^^;)
1枚目の、チャリ・・・  面白いですね(^^)
意味ありげな・・・
えるどら URL 2008/12/19(Fri)01:11:17 編集
Re:無題
こんばんは。^^

おおお! 1級!
これからは、どら師匠と呼ばせてください!!

表参道はあんまり行かないので(原宿駅を出ると、どうしても明治神宮か代々木公園に足が向いてしまふ)、たまに行くとシンセンです。

自転車写真へのお言葉、有難うございます!
【2008/12/19 03:02】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
開設:07年12月05日
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 14 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
支配人プロフィール
HN:
NOMi Koichi
年齢:
51
性別:
男性
誕生日:
1965/07/09
趣味:
写真、音楽、文学
自己紹介:
Koichi NOMi と申します
東京在住の写真好きです

女の子ポートレイトを中心に
街やらライブやら
色んなものを写して
表現して楽しんでゐます
皆さま
どうぞよろしくお願ひ致します
(*^▽^*)/

フランスの写真家
ギイ・ブルダンが大好きです
(Guy Bourdin, 1928-1991)
Guy Bourdin: A fetish for fashion
明快な細部と曖昧な物語性
大胆な構図と緻密な状況設定
そして色
どこをとつても素晴しい!

私も
どうせ写真を撮るなら
彼のやうな作品が撮りたいな
とは思ふのですが
ちよつと道のりは遠いかな
(苦笑)

このブログへのコメント
リンクは
すべてお気軽にどうぞ
特に写真と音楽の好きな方なら
大歓迎です
(*^▽^*)

文字表記は旧仮名

青文字は外部リンク

メールはこちら
ttn18gray@outlook.com

もうひとつのブログは
こちら

記事と画像の
無断複製・無断使用は
固くお断りします。
Twitter
これまでの記事
アクセス解析